競馬大好き!なんでもメモブログ

管理人の目に付いた競馬関連情報をごった煮でメモるブログです

グレイル【2.11 東京11R 共同通信杯 GⅢ 芝1800m】

f:id:ambiguousnews:20180405153924j:plain

グレイル

後方から末脚を溜めながらレースを進め、迎えた最後の直線、馬群の外から満を持して追い出されたものの期待された伸びを全く見せることなく惨敗(7着/1番人気)。伏兵オウケンムーンが重賞初制覇を果たした。武豊はこのレースをどう分析するのか?

レース前の思惑

 調教を2週続けて乗って、2戦2勝なのだが調教に関しては本当に良くなっていた。これは楽しみだなと思って東京に乗り込んだ。枠に関しては、あまり嬉しくなかった。この週は、東京は内枠の馬ばかり勝っていたから。

輸送は大丈夫だったのだが、パドックで跨るとスイッチが入った。馬場入りも暴れて危なかった。そういうタイプの馬ではなかったのだが、この日は激しい部分を出していた。

レース回顧


2018 共同通信杯 オウケンムーン

前が飛ばしてくれたので折り合いは取れた(1000m通過タイム 1.00.2)。走り自体も道中気になる所もなかった。内に入れるタイミングがなかったわけではないが、あえて入れなくてもいいかと思い外を回したが伸びなかった。

調教の動きもよかったし、どうしたのだろうという感じだった。3戦目なのでこういう所もあるのかなという感じ。レース前に燃えて、レースでは終わっていたというくらいしかわからない。

左回りも問題ないし、距離も伸びても大丈夫。力のある馬なのでこんなもんじゃないと思う。