競馬大好き!なんでもメモブログ

管理人の目に付いた競馬関連情報をごった煮でメモるブログです

クィーンズベスト【2.24 阪神12R 4歳上1000万 芝1600m】

f:id:ambiguousnews:20180405171556j:plain

クィーンズベスト

道中は馬群の最内からレースを進め、迎えた最後の直線スムーズに馬群の外に持ち出されると32秒台という驚異的な末脚を披露して見事先頭でゴールを駆け抜けた。(1着/4番人気)武豊はこれのレースをどう分析するのか?

レース前の思惑

 去年の夏の札幌以来。その時の印象がすごくよかった。500万のレースだったが、この馬は走ると思ったので、また乗りたいと言っていた。半年のねん挫放牧明けだったが、今はすっかりいいと言っていた。

1000万クラスの昇級戦で4番人気だったが、正直このレースは自信があった。平場にしてはメンバーは揃っていたが、馬場の良い阪神の1600mで1枠1番はすごく良いと思っていた。

レース回顧


クィーンズベスト 武豊 4歳以上1000万下 阪神芝1600m 18/02/24

変なレースになった。いいスタートを切れたがハナに行くつもりは全くなかった。9番のケンシュナウザーがハナに行くだろうと皆わかっていたのだが…。皆どうぞってやっているのにたずなを引張っていて驚いた。何がしたかったのかって感じだった。

競馬なので何をしたらダメということはないのだが…。逃げて結果を残して来た馬に乗っていた加藤騎手は、外から内に切れ込むように先頭に出る。その後たずなをひっぱりペースダウン。内にいた自分は、クレバーな福永騎手に蓋をされて苦しい状態に。ペースを読んだ浜中騎手は一気に先頭に。この展開で自分とミルコがきつい展開になった。

そのためペースはすごく遅かった。開幕の阪神で600mが36.7、1000mが1.01.5。当然直線はすごく速くなった。直線は花壇に目を取られてブレーキをかけたが32秒というなかなか体験できない末脚を繰り出して勝利した。

かなり楽しみな馬です。