競馬大好き!なんでもメモブログ

管理人の目に付いた競馬関連情報をごった煮でメモるブログです

クリンチャー【3.18 阪神11R 阪神大賞典 GⅡ 芝3000m】

f:id:ambiguousnews:20180429114028j:plain

クリンチャー

道中は先行馬群の一角からやや掛かり気味に追走し、迎えた最後の直線。そのロスが響いたか、早々と一杯になりながらも懸命に脚を伸ばして結果は3着(1番人気)。本番に向けて不安の残る一戦となった。武豊はこのレースをどう分析するのか?

 レース前の思惑

初めてだったけど、皐月賞や菊花賞で強いレースをしたと思っていた。去年の年末に前田オーナーから来年クリンチャーとコンビを組まないかと声はかけてもらっていた。京都記念の時は、共同通信杯(グレイル)の先約があったので騎乗できなかった。

前走の京都記念がすごいメンバーで強かったので、1番人気も納得だった。返し馬で元気が良すぎたので掛からないようにしなきゃと思っていた。調教と違って元気が良すぎて3000m持つかなと思っていた。

レース回顧


2018 阪神大賞典 レインボーライン

スタートしてすぐに掛かって完全に折り合いを欠いた。1週目の3,4コーナーを最終コーナーと勘違いしたような走りだった。ゴール板を過ぎると急に落ち着いた。ゴール板まで力んで走っていたのでスタミナを使ってしまった。

4コーナー前から手応えが悪く肩ムチをいれた。見た目以上に手応えがなかった。逆に言えばよく3着に粘ったと思う。全然、着外になりそうな雰囲気だった。負けたけど力はあるなと思った。

折り合い一つだと思う。1週目うまく乗れていたらもっといいレースが出来たと思う。

天皇賞(春)に向けて

枠は内で包まれた方がいいかもしれない。阪神大賞典の時は外で内に入れれずに、接触などもあって馬が掛かったという所があるので。馬の行く気がついているので、それを踏まえた調教をしようと調教師とよくを話をしている。

(※天皇賞・春は武豊騎手が騎乗停止のため、三浦皇成騎手に乗り替わり)