競馬大好き!なんでもメモブログ

管理人の目に付いた競馬関連情報をごった煮でメモるブログです

武豊が天皇賞・春 GⅠをプレイバック【4.29 京都11R 芝3200m】

f:id:ambiguousnews:20180622185609j:plain

一番人気シュヴァルグランが早めに先頭に立つ横綱相撲を見せ、そのまま押し切るかと思われたが、ゴール直前にそれを捕らえたのが岩田騎手のレインボーライン。見事GⅠ初制覇を果たした。武豊はこのレースをどう分析するのか?

 騎乗停止で乗り替わり

クリンチャーに三浦騎手が騎乗することになった。三浦騎手から連絡はあったが、自分は1回しか乗ったことのない馬だったし、あまり余計なことまで言ったらなぁと思っていた。前走の感触とかは言ったが、そんなに事細かく、乗り方などは言わなかった。それは自分が言うことではないので。

三浦騎手にはプレッシャーがあったのでは?ラッキーってぐらいだったんじゃないですか。元々このレースに騎乗予定がなかったわけだし、こんな有力馬が回ってきたらすごいラッキーじゃないですか。次の騎乗もないし、ワンチャンスだと思っていたら別に思い切って乗れるじゃないですか。

レース回顧


2018/04/29 第157回 天皇賞(春)(GⅠ)〈レース結果〉

クリンチャーは8番枠。天皇賞は頭数が多いので外がつらい。いい枠だったと思う。三浦騎手は、終わってから思ったほどポジションを取りに行けなかったと言っていましたが?自分は前回、阪神大賞典で1周目すごくかかったので、いいとこにいるなと思った。

直線は一瞬、勝つかなと思った。菊花賞もいいレースしていたし、やっぱりスタミナがある。良馬場で行われた天皇賞・春、過去10年で最も遅いタイムだったようですが?芝が長かったのかも。上位3頭は重い芝が強いというイメージがあったしプラスに働いたのかもしれない。

今後の展望

天皇賞・春でいいレースをしたらフランス遠征を決定すると聞いていた。いいレースをしていたので、行くことになりそうだなと思っていたらオーナーサイドから電話を頂いて、遠征が決定した。

新装のロンシャン競馬場は、まだ乗っていないので早く乗りたい。重い馬場になりがちな季節なので、スタミナがあるクリンチャーは良さそう。もちろん馬場が合っているというのもあってオーナーは凱旋門賞挑戦を決めたと思う。